Category Archives: 中春別小学校

調理実習に向けて

 6年生の家庭科では、調理実習に向けて学校のそばにあるお店に買い物に出かけました。前の時間までに決めておいたメニューに必要な食材を選びます。
 1食分の献立について計画を考え、材料の選び方や買い方を工夫することを目的としています。実習は、明後日に予定しています。

大っきな大っきなシャボン玉

 1年生の生活では、水遊びや砂遊びを楽しむことを通して、晴れの日や雨の日のちがいや季節を感じることを目的として外遊びを行っています。
 今日は、前日に作っておいたシャボン玉をつくる道具と割れづらい特製液を用いてシャボン玉づくりにチャレンジ! 
 あたたかい日差しの下、風も強くなく、屋外でのシャボン玉づくりには絶好のコンディションです。からだをつつんでしまうのではというぐらいの大きなシャボン玉に歓声をあげながら、夏の一日を楽しんでいました。

歯のポスター表彰式

 別海町の歯のポスター図画・ポスターコンクールで14人の児童が入賞しました。おめでとうございます。
 今朝の全校朝会で、表彰式を行いました。入賞した子どもたちの紹介をしたあと代表して優秀賞と奨励賞の4名が代表として賞状と盾を受け取りました。

遠足に出かけました。

 延期となっていた遠足。本日出かけることができました。
 開会式を終えると、さっそくスタート。学団ごとにあらかじめ決めておいたコースに分かれて出発です。神社に寄ったり、グラウンドで鬼ごっこをしたりと最初の目的地は違いますが、どの学団もヘルスパークに立ち寄ることになっていました。
 ヘルスパークでは、こおり鬼や大縄跳び、色を見つけてふれるゲームなど、用意したメニューは学団によって様々。広いヘルスパークを所狭しと、駆け回りました。
 中には、傾斜のある芝生のところでゴロンゴロンと転…

一般救命講習会

 夏休みの地区プールの監視業務に際し一般救命講習を受講していただくこととしております。今年度は地区プール運営委員会において、小学校・中学校の二会場でそれぞれ二回ずつ計4回の講習会を計画していただき、別海消防署の救急係の職員の方講師にお招きして、昨日1回目の講習会が開かれました。
 AEDを用いた心肺蘇生法を中心に講習が行われ、ひととおりの手順や流れを説明していただいた後、二人ずつに分かれて、訓練用の人形を用いて胸骨圧迫や訓練用のAEDの動作などの練習を行いました。

気を取り直して頑張りました。

 本日、予定していた遠足があいにくの天候のため、来週月曜日に延期となりました。
 子どもたちもがっかりしたことと思いますが、気持ちを入れ替えて授業に取り組む姿が見られました。

地図記号でカルタとり。

 3年生の社会では、地図記号の書かれたカードを用いたカルタを行っていました。
 先生が、図書館や市役所などの施設の特徴を説明する(読み上げる)と、その説明の表す施設の地図記号の書かれたカードを取るというルールです。
 記号のことはもちろん、施設の役割をしっかりと覚えていることが早くカードを手にするポイントのようでした。

光と色彩がつくる空間

 6年生の図工では、ワイヤーの骨組みに薄く色づけした和紙をちぎって貼り付けたオブジェの制作に取り組んでいます。中にはLEDのランプが入っていて、7色にかわるがわる発光します。
 遮光できる特別活動室で、試験的に点灯させてみるととても幻想的な光を放ち、違う空間(教室)にいるような雰囲気です。

道具は使ってなんぼ

 4時間目。授業の様子をのぞいていたら、どの教室でもタブレット端末を使って活動していました。
 十年一昔どころか、2,3年前でも見慣れなかった風景です。気が付くとすっかり鉛筆や消しゴムのような学習の道具の仲間入り。
 デジタル媒体の良さと紙媒体のよさを使い分けながら、学習に効果的な活用を進めています。

1年生です。

キャベツの葉っぱに虫食いの穴

 3年生の理科で育てているキャベツも大きく育ってきました。
 観察を続けていると、穴の開いている葉が出てきました。
 葉っぱをめくって裏返してみると、そこにはポツっと点のよう小さな黄色卵や黄緑色の幼虫
 教室で育てて、このあとどんなふうに成長していくか調べます。

生きものクイズ大会

 今日の2年生の国語の授業は、「生きものクイズ」を 作ろうという題材で、生き物について知りたいことを調べて作ったクイズをお互いに出し合っていました。
 クイズをつくるだけでなく、答えてもらったあとにそのことに関してわかりやすい説明を考えることが目的です。
 答える(聴く)方も「びっくり!」、「すごい!」、「なるほど!」の3枚の札をもって、説明に対しての感想を表して(伝えて)いました。

交換授業

 今日の6年生の道徳の授業は、「泣いた赤鬼」の教材を用いて友達について考える内容でした。
 授業を行ったのは5年生の担任の先生です。どの教科にも言えることですが、教える先生によって授業の様子はまったく同じではありません。それは道徳でも同じです。子どもたちにとって、いつもとはちょっぴり違った雰囲気で受ける授業は新鮮だったのではないかと思います。
 また職員の立場からもこのような取組はよい研修になります。学級担任制である小学校では、担当している子どもたちの授業の様子を客観的に見るこ…