Category Archives: CS推進委員会

【野付中】スイッチoff22の達成率が75%に!

野付学校区学校運営協議会が決めた「スマホの約束」では、小学生は21時、中学生は22時以降にスマホを使わないことになっています。本校では毎朝「スマホの約束の状況」を点検していますが、昨年度は50%前後(2人に1人)だった達成率が、今年度当初には66%(3人中2人)に、そして先月1月には75%(4人中3人)が守れるようになりました。スイッチoff22の取組は、地域やご家庭の協力がなければ推進されません。皆様のご理解とご協力に心より感謝を申し上げます。有難うございます!生徒の皆さんもよく我慢しました。立派…

【野付中】「野付学」が全国最優秀賞に! キャリア教育推進連携表彰

57年間続くチカの採卵実習をはじめ、長年、地域と学校が連携・協働して取り組んできた「野付学」の実践プログラムが高く評価され、全国で最優秀賞をいただきました。1月15日(水)に東京都の国立オリンピック記念青少年センターにおいて、文部科学副大臣も出席して表彰式が行われ、野付学校区学校運営協議会会長と事務局長の2名が出席して賞状を受け取りました。また、同日行われたキャリア教育シンポジウムで25分ほど時間をいただいて、全国から集まった約600名の皆さんへ「野付学」の取組を紹介しています。なお、表彰結果や当日…

【野付中】CS主催スマホ安全教室

 12月12日(木)に、札幌市より講師をお招きして、野付小学校・野付中学校でスマホ安全教室を実施しました。 講師の方からは、生徒たちの聴く姿勢、積極的に発言する姿、そして、普段からスイッチoff22を意識していることにお褒めの言葉をいただきました。 講師、そして学校運営協議会の皆様、よい機会を提供して頂きありがとうございました!

【野付中】小中CS合同まわし読み新聞

 12月4日(水)5校時に、小学5年生17名、中学1年生14名に地域の大人8名(野付学校区学校運営協議会委員6名と読み聞かせサークルの2名)が入って混合8グループを編成して「まわし読み新聞」を行いました。 まわし読み新聞は、各自が切り抜いた「気になった新聞記事」を持ち寄り、4〜5人のグループで「記事の内容」「記事を選んだ理由や感想」を発表し、気楽に意見を交流。盛り上がった記事をトップに据えながら貼っていき、画用紙1枚の作品を仕上げる取り組みです。 今回は、札幌のNIE推進センターより3名をお招きして…

【野付中】学校運営協議会 部会が行われました

野付学校区学校運営協議会で設置している2つの部会が、11月21日(木)18:00より実施されました。
野付小学校で行われた「学びの土台作り部会」では★メディアコントロールについて、スイッチoff21&22の達成状況が中学校でも70%に達したことが報告され、部会が主催する12月12日(木)「スマホ・ケータイ安全教室」の役割分担を決めました。★また、こちらも部会が主催となる12月4日(水)「学校運営協議会メンバーと小学5年生・中学1年生が合同で行うまわし読み新聞(NIE)」の内容を確認しました。いず…

【野付中】野付学校区学校運営協議会を開催

2年間の推進委員会を経て、今年度正式野付学校区学校運営協議会が発足しました。 9月26日(木)18:00〜行われた第2回学校運営協議会では、各部会(学びの土台作り部会&ふるさとキャリア教育部会)の進捗状況報告や「野付学」の活動紹介等が行われ、スマートフォンの使い方や、地域全体で「命を守る」ための防災教育の在り方などについて活発な議論がなされました。…

【野付中】CS防災減災講演会

野付学校区学校運営協議会(CS)のご協力により、北海道防災教育アドバイザーの三浦浩さんをお招きしての防災減災講演会を8月21日(水)6校時に行うことができました。15歳の時に奥尻島沖を震源とする北海道南西沖地震を体験し、地震発生からわずか3分で襲ってきた津波を背に祖父母を連れて高台へ逃げた時のお話は「自作絵本」としてまとめられ、今回は「紙芝居」として語ってくれました。命を守る大切さを語り継ぐ三浦さん。大切なことを「ももよさま」(もどらない・もたない・よらない・さがさない・またない)としてまとめていら…

【野付中】地域サークルによる読み聞かせ

5月31日(金)朝読書の時間に、地域サークル「ねぎぼうず」の皆さんが読み聞かせにいらしてくれました。昨年度は年間3回の来校でしたが、今年度はできるだけ毎月、すべての学級で実施していただく予定です。この取り組みは野付学校区コミュニティスクールの一環として幼稚園・小学校・中学校の全校種で実施します。6月には、中学校の職員が小学校に出向いて読み聞かせを実施することになっていますが・・・・果たしてうまくできるのか、ちょっと心配です。